kumozo photo archive

銭函から移動 / 北海道出張#9

予定では銭函から海岸線を小樽方向に歩いて行く予定だったが
早くも海岸が途切れて進むことができなくなってしまった。
この先にもきっと何かあるとふんだ僕たちは別なルートを探すことにした。
緩やかな坂を上り...。どのくらい歩いただろうか。
いくら歩いても海に繋がる道が見つからない。次の駅もどこにあるか分からない。
戻る気にもならない距離まで来てしまったため、しょうがなくそのまま歩き続けた。
店もない、人もほとんど見かけない、腹も減る、そして寒い。
感覚的には山道を7〜8キロ歩いた感覚だ。(体力のなさを痛感)
国道5号線に出てからは単調な景色が続く。
見下ろす形で海が見えるのだが相変わらず近づくことができない。
その国道は山の上の方に繋がっていた。
まさかあそこまでは行かないよなと思いつつ歩く。
道路の反対側に何やら飲食店らしきものが見えてきた。店の中は暗い。
やってないのか?店のドアを引いてみたら開いた!
と同時に「いらっしゃい」の声が聞こえた。やってんじゃん!
場所に似合わずお洒落な店内でしかも小さなスタジオがある。
マスターは東京でカメラマンをしていた人で、仕事で撮る写真に嫌気がさして
北海道に戻ってきた人だった。首からカメラを下げた僕たちを見ると、
うれしそうに「いいカメラ持ってんねぇ」と言いながら水を運んで来てくれた。
道同様に長くなりそうなので、つづきは次回ということで。
c0092909_23301431.jpg
カメラマンT氏
[PR]
by kumozo | 2007-10-19 23:37